NetApp ONTAP CLI を使用して FSx for ONTAP ボリュームのストレージデータ階層化ポリシーを変更する方法を教えてください。

所要時間2分
0

Amazon FSx for NetApp ONTAP ボリュームのデータ階層化ポリシーを変更したいと考えています。

簡単な説明

ボリュームのデータ階層化ポリシーを変更するには、次の前提条件を満たす必要があります。

  • FSx for ONTAP ファイルシステムが作成されている。
  • ファイルシステムに SSH 経由で接続できる。

解決策

FSx for ONTAP 管理エンドポイントの IP アドレスに SSH 経由で接続する

1.    Amazon FSx コンソールを開きます。

2.    FSx for ONTAP ファイルシステムを選択し、[管理] タブを選択します。

3.    管理エンドポイントの IP アドレスを書き留めておきます。この IP アドレスを使用してクラスターに接続します。管理エンドポイントの IP アドレスを確認するには、「NetApp ONTAP CLI によるファイルシステムの管理」と「NetApp ONTAP CLI を使用した SVM の管理」を参照してください。

4.    Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスで Windows PowerShell または Linux PowerShell を使用して、SSH 経由でクラスターの管理エンドポイントに接続します。

**注:**エンドポイントには、仮想プライベートクラウド (VPC) 内から、または AWS Transit Gateway ピアリングネットワーク経由でのみアクセスできます。詳細については、「AWS 内からのデータにアクセスする」を参照してください。

ssh fsxadmin@management_IP

例:

$ ssh fsxadmin@198.19.255.189
Password:

Last login time: 5/10/2022 08:37:30
FsxIdabcdef01234567892::>

PowerShell で SSH を使用する方法については、Microsoft のウェブサイトの「SSH 経由の PowerShell リモート処理」を参照してください。

5.    set コマンドを実行して NetApp ONTAP CLI で権限レベルを設定します。権限レベル設定の変更は、現在のセッションにのみ適用されます。これらの変更はセッション間で持続しません。

FsxIdabcdef01234567892::> set -privilege advanced

Warning: These advanced commands are potentially dangerous; use them only when directed to do so by NetApp personnel.
Do you want to continue? {y|n}: y

6.    次のコマンドを実行して、ストレージデータ階層化ポリシーを変更します。svm_namevolume_name を自分の SVM 名とボリューム名に置き換えてください。

volume modify -vserver svm_name -volume volume_name-tiering-policy <auto|snapshot-only|all|none>

例:

FsxIdabcdef01234567892::*> volume modify -volume vol1 -vserver fsx -tiering-policy auto
Volume modify successful on volume vol1 of Vserver fsx.

自動階層化ポリシーとスナップショット専用階層化ポリシーの最小冷却期間を指定する

スナップショットのみまたは自動階層化ポリシーを使用するボリュームの場合は、-tiering-minimum-cooling-days オプションパラメーターを指定してボリューム修正コマンドを実行します。権限レベルはアドバンスドに設定してください。階層化の最小冷却日数には 2 から 183 の範囲の値を指定します。詳細については、NetApp のウェブサイトの「ボリュームの階層化ポリシーによるストレージ階層化の管理」または「階層化の最小冷却期間」を参照してください。

次の例は、-tiering-minimum-cooling-days4 に設定したボリューム変更コマンドを示しています。

FsxIdabcdef01234567892::*> volume modify -volume vol1 -vserver fsx -tiering-policy auto -tiering-minimum-cooling-days 4
    Volume modify successful on volume vol1 of Vserver fsx.

**重要:**権限がアドバンスドに設定されていない場合、階層化ポリシーを変更すると次のエラーメッセージが表示されます。

`"FsxIdabcdef01234567892::> volume modify -volume vol1 -vserver fsx -tiering-policy auto -tiering-minimum-cooling-days 4`  
`Error: invalid argument "-tiering-minimum-cooling-days"`

-tiering-minimum-cooling-days2 から 183 の範囲で、権限レベルをがアドバンスドに設定されていない場合、invalid argument "-tiering-minimum-cooling-days というエラーメッセージが表示されます。権限レベル設定の変更は現在のセッションにのみ適用されるため、新しいセッションごとに権限レベルを設定する必要があります。

ストレージ容量を超えないようにしてください

FSx for ONTAP の階層化機能は、階層化の開始と停止時にトリガーされる特定のしきい値を維持します。これらのしきい値は、プライマリストレージ階層の使用済み容量を基準としています。

**注:**プライマリストレージ階層のストレージ容量使用率が 80% を超えないようにすることをお勧めします。階層化が正しく機能し、新しいデータを保存する余地があることを確認するには、ストレージ容量を 80% 以下に維持してください。プライマリストレージ階層のストレージ容量使用率が常に 80% を超えている場合は、ファイルシステムの SSD ストレージ容量を更新してください

以下のガイドラインでは、さまざまな使用シナリオにおける階層化の処理方法について説明しています。

  • プライマリストレージ階層の使用率が 50% 以下: 全階層化ポリシーが適用されたボリュームのみが、容量プールストレージにデータが階層化されます。自動階層化ポリシーとスナップショット専用ポリシーでは、プライマリストレージ階層が十分に活用されていない場合は階層化が不要になるため、データを階層化しません。
  • プライマリストレージ階層の使用率が 50% を超える: 自動階層化ポリシーとスナップショット専用ポリシーでは、階層化の最小冷却日数の設定に基づいてデータが階層化されます。デフォルトの階層化最小冷却日数は 31 日です。
  • プライマリストレージ階層の使用率が 90% 以上: キャパシティプール階層からのコールドデータは、読み取り時に自動階層化ポリシーおよびスナップショット専用ポリシーのためにプライマリストレージ階層に移動されなくなりました。キャパシティプール階層にデータを保持すると、プライマリストレージ階層のスペースを節約できます。
  • プライマリストレージ階層の使用率が 98% 以上: プライマリストレージ階層の使用率が 98% 以上になると、すべての階層化機能が停止します。

関連情報

階層化ポリシー

NetApp のウェブサイトでボリューム階層化ポリシーを設定する。

AWS公式
AWS公式更新しました 8ヶ月前
コメントはありません

関連するコンテンツ