Route 53 でのドメイン移管失敗のトラブルシューティング方法を教えてください。

所要時間2分
0

Amazon Route 53 でのドメイン移管失敗のトラブルシューティングをしたい。

解決策

注: AWS コマンドラインインターフェイス (AWS CLI) コマンドの実行中にエラーが発生した場合は、最新バージョンの AWS CLI を使用していることを確認してください

別のレジストラから Route 53 にドメインを移管 (移管) できない場合のトラブルシューティング

ドメインを Route 53 に移管する前に、次のことを確認してください。

無効な認証コードエラーの解決

認証コードエラーがある場合は、「現在のレジストラから取得した認証コードは無効です」というメッセージが表示されます。次のステップについては、「現在のレジストラから取得した認証コードは無効です」を参照してください。

clientTransferProhibited ステータスまたはドメインロックエラーの解決

現在のレジストラで移管ロックがオンになっている場合、移管処理は失敗します。whois コマンドを実行して、これがドメイン移管失敗の原因であることを確認します。例:

$ whois example.com | grep "Status"
   Domain Status: clientTransferProhibited https://icann.org/epp#clientTransferProhibited

whois の出力に serverTransferProhibited というステータスが表示される場合は、現在のレジストラに詳細を問い合わせてください。

転送ロックをオフにするには、現在のレジストラのコンソールを使用するか、レジストラに連絡してください。

転送プロセスのステップ 5 で転送が停止する原因を特定する

ドメイン移管プロセスのステップ 5 では、Amazon Route 53 が登録者の連絡先メールに承認フォーム (FOA) を送信します。そのメール内の確認リンクを選択する必要があります。FOA メールが届かない場合は、「ドメイン移管の承認 E メールを再送信するには」を参照してください。

**注:**移管プロセス中に登録者のメールアドレスを変更すると、承認メールが新しいアドレスと以前のアドレスの両方に送信される可能性があります。続行するには、両方のメールに記載されている確認リンクをたどる必要があります。

ドメイン移管承認メールが届かなかった理由を確認

ドメイン移管プロセスの一環として、Amazon Route 53 はドメイン登録者の E メールアドレスに承認メールを送信します。メールアドレスを確認するには、そのメール内のリンクを選択する必要があります。そうしないと、ドメインが機能しなくなる可能性があります。承認メールが届かない場合は、メールのスパムまたは迷惑メールフォルダを確認してください。それでもメールが見つからない場合は、「ドメイン移管の承認メールを再送信するには」を参照してください。

ステータスが「現在のレジストラが移管を完了するのを待っています」になっている理由を確認

ドメイン移管リクエストがステップ 7 で行き詰まった場合、ステータスは「現在のレジストラが移管を完了するのを待っています」になります。ステータスの確認方法の詳細については、「ドメイン移管のステータスを表示する」を参照してください。

このステータスは、移管が現在のレジストラの承認待ちであることを示します。承認を受けた後、移管処理を続行できます。レジストラとトップレベルドメイン (TLD) の要件によっては、汎用 TLD の場合はこのステップに最大 7 日かかる場合があります。国コード TLD (ccTLD) の場合、この手順には最大 10 日かかる場合があります。

注: Amazon Route 53 では、このステップを早めることはできません。ただし、現在のレジストラに連絡することで、ドメインの移管を早めることができる場合があります。

Route 53 から別のレジストラにドメインを移管 (移管) できない場合のトラブルシューティング

「clientTransferProhibited」ステータスエラーの解決

すべての汎用 TLD と複数の地域 TLD のドメインレジストリには、ドメインをロックするオプションがあります。ドメインをロックすることで、誰かが許可なくドメインを別のレジストラに移管することを防ぎます。ドメインの移管ロックを有効にすると、ステータスは「clientTransferProhibited」に更新されます。ステータスを削除するには、次の手順で転送ロックをオフにします。

1.    Route 53 コンソールを開きます。

2.    ナビゲーションペインで、[登録済みドメイン] を選択します。

3.    更新するドメインの名前を選択します。

4.    [転送ロック] で、[無効にする] を選択します。

あるいは、AWS CLI で次のコマンドを実行します。

aws route53domains disable-domain-transfer-lock \
    --region us-east-1 \
    --domain-name example.com

前の例では、example.com を自分のドメイン名に置き換えてください。

「転送ロック」のロックを解除するか、「clientTransferProhibited」ステータスを削除します

AWS マネジメントコンソールまたは DisableDomainTransferLock API からドメインのロックを解除しようとしました。ただし、次のエラーメッセージが表示されました。 「TLDRulesViolation: [TLD] はドメインのロック/ロック解除操作をサポートしていません」。

この問題を解決するには、TLD が転送ロックをサポートしているかどうかを確認してください。TLD が移管ロックをサポートしていないのにドメインにロックアイコンが表示される場合は、サポートケースを作成してください。ケースタイプについては、**「アカウントと請求サポート」**を選択します。

閉鎖された AWS アカウントのドメインを移管

AWS アカウントを閉鎖すると、関連するすべての AWS リソース (ホストゾーンを含む) が削除されます。ただし、すべてのドメイン名は有効期限まで保持されます。アカウントを削除した後は、残りのドメイン名の構成を変更することはできません。このシナリオでは、ネームサーバーを更新したり、転送プロセスを完了したりすることはできません。

閉鎖されたアカウントから別の AWS アカウントまたは別のレジストラにドメインを移管するためのサポートケースを作成します。ケースを作成するときは、必ず次のことを行ってください。

  • 閉鎖されたアカウントからサポートケースを作成します。AWS アカウントのルートユーザーの認証情報を使用して、閉鎖されたアカウントにログインできます。
  • ケースタイプの [アカウントと請求サポート] を選択します。
  • 移管するドメイン名を含めてください。
  • 転送先の AWS アカウント番号を含めてください (別のアクティブな AWS アカウントに転送する場合)。

AWS アカウントから別の AWS アカウントにドメインを移管できない場合のトラブルシューティング (クロスアカウント移管)

ドメイン移管を開始するには、「ドメインを別の AWS アカウントに移管するには」 と 「別の AWS アカウントからのドメイン移管を受け入れるには」を参照してください。

前述のドキュメントに記載されている手順を実行しているときに問題が発生した場合は、サポートケースを作成してください。ケースタイプについては、**「アカウントと請求サポート」**を選択します。

AWS公式
AWS公式更新しました 10ヶ月前
コメントはありません

関連するコンテンツ