AWS re:Postを使用することにより、以下に同意したことになります 利用規約

計算する

エンタープライズアプリ、クラウドネイティブアプリ、モバイルアプリを構築する場合でも、AWS Compute サービスを使用して大規模なデータクラスターを実行している場合でも、AWS は事実上あらゆるワークロードをサポートするサービスを提供します。AWS Compute サービスと連携して、アプリケーションとワークロードを開発、デプロイ、実行、スケーリングします。

最近の質問

すべてを表示
1/18
  • 初めまして、AWS超初心者の者です。 この月に入ってからAWS serve catalog(アプリもポートフォリオもアップロードしていないのにも関わらず、17リージョンからAPI Calls されている。) とec2 data transfar(EC2も一才使ったことがない)を僕は一才使っていないのにも関わらず、使用料を請求されています。 幸い、まだ無料枠なので料金は発生していないのですが、困っています。 AWSサポートからはcloud trailを使うことを推奨され、cloud trailを有効化しログを今集めています。 この意図しない請求をされないようにするためのここから先のアクションが分かりません。 ご教授お願いいたします。
    1
    回答
    0
    投票
    25
    ビュー
    質問済み 9日前
  • 特定のCloudWatchアラームがアラーム状態になったことを契機に発火するLambdaを実装したいと考えています。 下記の通り、EventBridgeのルールのイベントパターンを入力し、対象のアラームをアラーム状態に遷移させたのですが、ターゲットに設定したLambdaが実行しませんでした。 恐らく、"resouces" の指定の仕方に問題があると考えているのですが、参考情報が見つからず苦慮しています。 修正方法についてご回答いただけますと幸いです。 イベントパターン ``` { "source": ["aws.cloudwatch"], "detail-type": ["CloudWatch Alarm State Change"], "resources": ["arn:aws:cloudwatch:ap-northeast-1:<AWSアカウントID>:alarm:<アラーム名>"], "detail": { "state": { "value": ["ALARM"] } } } ``` 以上、よろしくお願いいたします。
    1
    回答
    0
    投票
    52
    ビュー
    質問済み 11日前
  • AWS マネジメントコンソールのログイン時に数回のパスワードを入力を間違えた後に「アカウント侵害」のメールが届きました。その後、パスワードの変更をしてSupport Centerにて解決済みにした後にLambdaの関数を表示しようとしたところ、添付の画像のような状態になってしまい、登録されいてた関数が1つも表示されなくなってしまいました。 解決方法が分からず困っており、ご教示を頂ければと思います。 よろしくお願いいたします。 ![Lambda画面](/media/postImages/original/IM2yR2qqrqSxKcLDS51A08-A)
    2
    回答
    0
    投票
    25
    ビュー
    質問済み 14日前
  • Windows Server 2012 R2のEC2インスタンスを運用しています。2023年10月にサポートが終了します。調べたところ、拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)というものがあって、これを利用すれば延命できるようです。 Windows Server 2012 R2のEC2インスタンスでESUを利用できるのでしょうか?
    0
    回答
    0
    投票
    53
    ビュー
    質問済み 1ヶ月前
  • Amazon Lightsailで、初めてPlesk Hosting Stack on Ubuntuのインスタンスを作成すると、Plesk Web Admin SEが使えるようになります。 その後、うまく動かなくなってしまったので、インスタンスを削除してから再作成すると、初めてPleskの画面を開いたときに、購入したライセンスコードを入力するか、試用版を使うか選択するようになり、Plesk Web Admin SEが使えなくなってしまいます。 Plesk Web Admin SEを使えるようにするための対処法をご存じでしたら、ご教示願えませんでしょうか?
    0
    回答
    0
    投票
    47
    ビュー
    tama
    質問済み 2ヶ月前
  • 外部のメールサーバーを使用する場合は、AWS では Route53 で MX レコードの「レコード名」を空欄にしてメールサーバーを登録出来ますが、Lightsail では「DNS レコード > レコードの追加」から、レコード名を空欄にして登録出来ません。Lightsail で、外部のメールサーバーを利用する方法( MX レコード の追加方法)をご存知の方いらっしゃいましたら、ご回答いただけると助かります。
    1
    回答
    0
    投票
    48
    ビュー
    質問済み 2ヶ月前
  • EC2でt3のubuntu 22.04LTSのインスタンスを立ち上げました。その後、セキュリティグループ設定にてインバウンドをHTTP、HTTPS、SSH、カスタムTCP(1883)、ICMPを0.0.0.0/0で設定、アウトバウンドはすべて0.0.0.0です。 通常であればこの設定だけでubuntuに対してポートアクセスができるはずです。が、なぜかできません。ネットワークACLもインバウンド/アウトバウンドともにすべてのトラフィック0.0.0.0を確認しています。 Test-NetConnectionにて確認すると、22番ポートおよびPINGは通ります。ですが、80番はじめそれ以外のTCPポートが通りません。インバウンドルールを「すべてのトラフィック0.0.0.0」にしても通りませんでした。ubuntuのufwは切ってあります。何が原因なのでしょう。 netstatの1883ポートステータスが127.0.0.1なのが気になります。おそらく0.0.0.0であるべきなのでしょうが、、、 初歩の初歩でこのような不可解なトラブルに巻き込まれ、1か月近くサーバーが使い物にならず無駄にしています。早急な回答心からよろしくお願いします。 (なお、過去に無料枠でt2のubuntu22.04を立てたときは、全く同じ設定と操作で問題なくポートを通っています。。。。)
    1
    回答
    0
    投票
    119
    ビュー
    質問済み 2ヶ月前
  • EC2インスタンス(Windows)にあるbatファイルを、Lambdaから EC2 Run Command で、実行したいです。 下記記事を参考にコードソースを書きました。 【初心者向け】AWS LambdaからEC2 Run Commandを実行する方法 https://zenn.dev/yokota/articles/3875da641b4cc5 Lambdaのコードの下記パラメータを修正することで、Linux環境では、EC2インスタンス環境のbatを実行することが出来ています。 ``` DocumentName: 'AWS-RunPowerShellScript', InstanceIds: ['対象のインスタンスID'], commands: ['test_win.bat'], workingDirectory:['C:\Users\administrator\temp'] ``` 今度はWindows環境のInstanceIdsに変更して、TestしてみるとStatusはSucceedeとなり、エラーも出ませんでしたが、batが実行できていませんでした。 前提として、記事で紹介されているroleの作成と、EC2インスタンスへのロール割当、Lamdaへのロール割当は行っています。 どうコードを修正していけば、状況が改善されますでしょうか。 ご協力をお願いします。 以下コード全文です。 ``` 'use strict'; const AWS = require('aws-sdk') const ssm = new (require('aws-sdk/clients/ssm'))(); module.exports.handler = async event => { try { let params = { DocumentName: 'AWS-RunPowerShellScript', InstanceIds: ['対象のインスタンスID'],//Windowsインスタンス Parameters: { commands: ['test_win.bat'], // EC2コマンド workingDirectory:['C:\Users\administrator\temp'], // コマンド実行場所 }, // SSMの実行結果をCloudWatchにロギング CloudWatchOutputConfig: { CloudWatchLogGroupName: 'SSMLogs', CloudWatchOutputEnabled: true }, // タイムアウト設定 TimeoutSeconds: 3600 // 1 hour } const sendCommandResult = await ssm.sendCommand(params).promise(); } catch(e){ console.log(e); } }; ```
    1
    回答
    0
    投票
    463
    ビュー
    質問済み 2ヶ月前
  • SQLサーバーの名前付きインスタンスを追加する場合、 ネットの情報では、サポートに連絡してセットアップファイルが入っているストレージ(?)をお借りするような方法が書かれておりました。 Windows_Server-2019-Japanese-Full-SQL_2019_Standard-2021.05.12 上記AMIを使用してEC2サーバーインスタンスを建てようと思っています。 既定のSQLインスタンスがはいっており、ここに複数のSQL名前付きインスタンスを追加する場合、 C:\SQLServerSetup フォルダ内にあるセットアップファイルを利用してよろしいのでしょうか。 また、一つのEC2サーバー内に、複数のSQLインスタンスを作成することによる 支払いの増額は発生しないという認識で合っていますでしょうか。
    1
    回答
    0
    投票
    46
    ビュー
    outo
    質問済み 2年前
  • この度、証明書の自動更新を設定しており 1つだけ自動更新がうまくいきませんでした。 手動更新を行うにも検証Eメールの再送信が選択できずです。 CNAMEについては検証状態成功になっておりますが 更新ステータスは検証保留中です。 解決のための方法についてご教授願いたいです。
    1
    回答
    0
    投票
    49
    ビュー
    質問済み 2年前
  • ACMで、あるドメインのサブドメインへの証明書リクエストが作成できませんでした。 作成しようとすると、 「この証明書のリクエストの状況は "失敗" です。 このリクエストの 1 つ以上のドメイン名の証明書をリクエストするには、追加の検証が必要です。」 というメッセージが出ます。 調べてみると、以下のような記事が出てきました。 ◆ACM証明書発行時に「追加の検証が必要です」エラー https://blog.serverworks.co.jp/tech/2020/06/08/acm-additional-verification/ ◆エラーメッセージ: 追加の検証要求 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/acm/latest/userguide/troubleshooting-failed.html#failed-additional-verification-required どうやら、設定しようとしているドメインが影響力が大きいため、AWS側で不正保護対策としてブロックしており、リクエストをするには 「追加の検証要求」 というものに答えなければならないようです。 しかしこちら、どこから、何の情報を送れば良いかがわかりません。 まずは上記URLにあるように、CASEを使って問い合わせをしましたが、 「有償サポートを受けないと詳細は案内できない」 との回答でした。 何か分かる方がいましたら、情報いただけますと幸いです。 よろしくお願い致します。
    1
    回答
    0
    投票
    26
    ビュー
    mrkom
    質問済み 2年前
  • arn:aws:acm:ap-northeast-1:711654492709:certificate/f770f5fd-01b8-4c03-bab2-669c9b50e2f4 の証明書が削除できず困っております。 以下の関連リソースがあるために削除できてないというエラーが出ておりますが、心当たりのあった本証明書と関連付けしているAPI Gateway のカスタムドメインは削除済みです。 arn:aws:elasticloadbalancing:ap-northeast-1:969236854626:loadbalancer/app/prod-nrt-1-cdws-1/d37eccc02f34cfd8 arn:aws:elasticloadbalancing:ap-northeast-1:969236854626:loadbalancer/app/prod-nrt-1-cdws-11/c25b90f68bbbee0f arn:aws:elasticloadbalancing:ap-northeast-1:969236854626:loadbalancer/app/prod-nrt-1-cdws-12/ec57f13c70054cc4 arn:aws:elasticloadbalancing:ap-northeast-1:969236854626:loadbalancer/app/prod-nrt-1-cdws-13/523d098e8c4e0a4d arn:aws:elasticloadbalancing:ap-northeast-1:969236854626:loadbalancer/app/prod-nrt-1-cdws-15/95fa113bca7aae81 arn:aws:elasticloadbalancing:ap-northeast-1:969236854626:loadbalancer/app/prod-nrt-1-cdws-16/1bf3e212e28786ce arn:aws:elasticloadbalancing:ap-northeast-1:969236854626:loadbalancer/app/prod-nrt-1-cdws-17/1dd2bbb869378041 arn:aws:elasticloadbalancing:ap-northeast-1:969236854626:loadbalancer/app/prod-nrt-1-cdws-9/69d6e6bd6b23b8e1 もしこちら必要な手順などございましたらご教示いただければと思います。 お手数をおかけしますがご確認いただきますようよろしくお願いいたします。
    1
    回答
    0
    投票
    42
    ビュー
    質問済み 2年前
  • この度、初めて質問をさせて頂きます。 一度紐付けたrDNSにつきまして、 別のFQDNを紐付けたいと考えております。 その場合、下記のフォームから申請すれば、 再設定可能でしょうか。 https://console.aws.amazon.com/support/contacts?#/rdns-limits または一度既存のrDNSの解除申請してから、申請する必要があるのでしょうか。 ご回答頂けますと幸いです。
    1
    回答
    0
    投票
    18
    ビュー
    kazh
    質問済み 2年前
  • Bitnami WordPress With NGINXを立ち上げています。 URLが下記(サブディレクトリが /xxx/ またはパーマリンクが xxx- で始まる)のページのみBASIC認証をかけたいです。 https://hogehoge.co.jp/xxx/yyyy/ https://hogehoge.co.jp/xxx-111/ https://docs.bitnami.com/aws/apps/wordpress-pro/administration/use-htpasswd/ を参考にlocationディレクティブを色々変更してやってみましたができません。 そもそもBitnami WordPress With NGINXの環境ではできないものでしょうか?
    1
    回答
    0
    投票
    18
    ビュー
    odahara
    質問済み 2年前
  • 現在、ECS on EC2を利用しております。 AutoScaleGroupは利用していない状態で、EC2を停止したときの挙動について教えていただきたく。 障害を想定して、コンテナを稼働させた状態でEC2を落としたところ、コンテナを終了させることができませんでした。 また、EC2を落としたため、ECS Agentも停止してしまい、マネージメントコンソール上からもコンテナの停止が出来なくなりました。 ECS on EC2で、EC2が突然停止してしまった場合はコンテナの停止が出来なくなるものでしょうか? EC2が落ちたタイミングでコンテナも同時に落ちてほしいと思っているのですが。 また、このような事象を防ぐ方法としては、EC2にAutoScaleGroupを適用し、 EC2ダウン時は別EC2を自動で起動し、新規に立ち上がったEC2でコンテナを稼働させ続けるのが正しいのでしょうか?
    1
    回答
    0
    投票
    22
    ビュー
    hagix
    質問済み 2年前
  • システム利用者 - ALB - ECS(EC2) - linux 簡易ですが、上記のような構成になっている環境にて hping3 -S ALBのDNS名 -c 3 -p 80 --tcp-timestamp を利用者側から実行した場合、 TCPタイムスタンプを取得できることによるセキュリティ脆弱性が確認されています。 Q1. その他検証可能な内容がございましたらご教授いただきたいです。 Q2. 上記TCPタイムスタンプついてAWS公式からの発信を何かご存知でしょうか? Q1に関して 対応としてECS/EC2に対して(ホスト、コンテナ内共に)TCPタイムスタンプを無効とする設定  EC2 : net.ipv4.tcp_timestamps を 0 に設定  ECS : --sysctlオプションによる設定 を行いましたが、期待されるタイムスタンプが送られない結果は得られませんでした。 そのため当レスポンスはALBより発せられているものと認識しております。 Q2に関して 自分の調べる限りではパフォーマンスなどの利点から、脆弱性を許容しているケースが見受けられました。 そのためAWS公式として発信されているものがあれば内容理解させていただきたいです。 2点につきまして、ご教示いただけますと幸甚です。 Edited by: yamaguchi13 on Sep 22, 2020 9:58 PM
    1
    回答
    0
    投票
    23
    ビュー
    質問済み 2年前
  • 1週間前からインスタンスID: i-0052dc6a03b1ba2b0 がshutting-downの状態から変化がありません。 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/TroubleshootingInstancesShuttingDown.html ここの情報から「インスタンスの削除の遅延 - インスタンスの shutting-down 状態が数時間以上続く場合、Amazon EC2 はそれを停止したインスタンスとして扱い、強制終了します。(ホストの問題なら)」 とあるのですが、1週間もかからないと思うので、 下記を試しましたが、状況が変わらず手を拱いている状態です。 1. EC2ダッシュボードからの終了をもう一度(エラーすら出ない) 2. aws ec2 terminate-instances 3. EBSのデタッチ これ以外にやりようあるでしょうか? すみませんが、ご教授お願いいたします。
    1
    回答
    0
    投票
    13
    ビュー
    質問済み 2年前
  • 特定のタグ情報(キーと値)が付与されたリソース(EC2インスタンス、S3バケット)の操作が可能となる制御をポリシーで実装したいと考えております。 「ec2:ResourceTag」や「s3:ResourceTag」を使用することで実現できると想定しており、以下のポリシーを適用したところ、マネジメントコンソール上から全てのEC2インスタンス、S3バケットが表示されない状態となってしまいます。 エラーメッセージは「インスタンスデータ You are not authorized to perform this operation. の取得中にエラーが発生しました。」と表示されます。 IAMポリシーにて特定のタグ情報が付与されたリソースのみ操作可能とする制御の実現可否及び実現可能な場合、ポリシーの例をご教示頂けませんでしょうか。 なお、ポリシーは可能な限り簡素化して作成したく、Actionを細かく設定することは避けたいと考えております。 ■適用したポリシー { "Version": "2012-10-17", "Statement": \[ { "Sid": "VisualEditor0", "Effect": "Allow", "Action": "ec2:*", "Resource": "*", "Condition": { "StringEquals": { "ec2:ResourceTag/tag-key": "tag-value" } } }, { "Sid": "VisualEditor1", "Effect": "Allow", "Action": "s3:*", "Resource": "*", "Condition": { "StringEquals": { "aws:ResourceTag/tag-key": "tag-value" } } } ] }
    4
    回答
    0
    投票
    26
    ビュー
    質問済み 3年前

人気ユーザー

すべてを表示
1/18

人気のトピックをフォローして、AWSについてもっと素早く学びましょう

1/2